面接の事前準備

現代の日本は、医師が不足をしています。

そのため医師の転職は売り手市場とも言えるわけですが、だからといって面接はフリーパスで受かるというわけではありません。

事前準備をしっかり整えて、採用される確率を少しでもアップさせましょう。


身だしなみを整える

人間は外見で決まるものではありませんが、大事な面接でいい加減な格好をしている人はまず信用をされません。

服装はもちろんですが、髪の長さや爪などの身だしなみもしっかりと整えておきましょう。

また意外と忘れられがちなのが、体臭です。体臭は中年になるに連れ強くなり、それ自体があるのは仕方がありません。

しかしだからと言って何の対策もしていないようだと、相手側もいい気分はしないでしょう。

香水は使用するとかえって臭いが酷くなることもありますので、消臭グッズを使用して臭いを抑えることをおすすめします。


挨拶の練習をする

第一印象は非常に重要です。

長期間会い続ける人なら、第一印象で失敗をしてしまっても後からいくらでも取り返せます。

しかし、面接という短い時間ではそのチャンスはかなり限られています。

会ったその瞬間から好印象を与えられるよう、挨拶はしっかりと練習をしておくことをおすすめします。

明るい表情とハキハキとした発声を意識し、着退席時のお辞儀も忘れないようにしましょう。


情報収集をしっかりする

面接で、ほぼ必ず聞かれるといってもいい志望動機。

それを語る上でヒントになるのが、病院の情報です。

他の病院ではなくその病院でなくてはならない理由も語れるように、しっかりとその病院の情報収集をしておきましょう。


退職理由に注意

志望動機と同じく、今の病院を退職する理由もよく聞かれます。

ただこれに関してはあまり長々と話すよりも、明瞭かつ簡潔に伝えた方がいいでしょう。

また人格を疑われる恐れがありますので、今の病院の内部情報を漏らしたりはしないようにしましょう。


エージェントからアドバイスを受けよう

エージェントから提供される情報は、求人のことばかりではありません。

たとえば、面接におけるアドバイスも聞くことができます。

エージェントは内部事情にも詳しいので、その病院ならではの採用されやすいコツを教えてくれる可能性もあります。

少しでも採用される確率を上げるために、転職サイトを利用する際はエージェントの評判が良い所を選びましょう。