自己アピールの重要性

面接において、必須とも言える自己アピール。

過度にアピールをするのもよくはありませんが、ついつい遠慮をしてしまい上手にアピールできない人はたくさんいます。

事前に練習をして、本番でしっかりとアピールできるようにしておきましょう。


キャリアを整理する

書類である程度は伝わっているでしょうが、自分の言葉でもきちんと伝えられるようこれまでのキャリアをしっかりと整理しておきましょう。

それに関連付けて今後さらにキャリアアップをしていきたい旨を伝えれば、さらなるアピールにもなります。 ただ行き過ぎた自慢話にならないよう、あまり大げさに話さないように気をつけましょう。


志望動機とも絡める

志望動機には、その病院でなくてはならない理由も付け加えると効果的です。

そのためにも、事前の情報収集は怠らないようにしておきましょう。

またそうした志望動機は、自分の熱意をアピールするチャンスでもあります。

平坦な感じで語らないよう、言葉に感情を込めましょう。


今の職場で培ってきたものを答える

何をアピールすればいいのかわからないという人は、現在の職場で培ってきたものを挙げましょう。

医師として働き続けてきた以上、必ずや人に誇れる実績やスキルがあるはずです。

それは誇りこそすれ、遠慮して話すのをためらうようなものではありません。


友人に聞いてみる

少し恥ずかしいかもしれませんが、自己アピールの材料を探す時は友人に自分の良い所を聞いてみるというのも1つの方法です。

それにより、自分ではわからなかった良さに気付くこともあります。

自分以外の人間が認めてくれたことで、面接でも自信を持って話せることでしょう。

ただ同僚に聞くと転職活動をしていることを勘付かれてしまうかもしれませんので、なるべく隠したいという人は注意しておきましょう。


エージェントに相談をする

面接のコツも教えてくれる、転職サイトのエージェント。

もちろん、自己アピールの方法についてもヒントをもらうことができます。

人材紹介サービスを仕事としているのですから、その知識は間違いなく本物。

病院ごとの内部事情にも詳しいので、その病院に特に効果的なアピールの方法も教えてもらえるかもしれません。

またその他にも転職サイトのエージェントからは、現在の病院の辞め方や挨拶のタイミングなど「こんなことまで!」と驚くほど細かい所までアドバイスを貰うことができます。

医師の転職において、心強い存在になってくれることでしょう。